医療 救急 死亡率

医療における救急時の死亡率の変化

ここ数年だけでも日本の医療技術の進歩はめざましく、かつては不治の病と言われた癌や国が指定している難病の中でも治療薬が開発されて治療出来る位にまで進歩を遂げました。 しかしまだ医療における課題もまだまだ多く、特に救急対応が求められる脳の損傷による病気は時間との勝負と言う部分も有りますので、例え死は免れたとしても後遺症が残るケースも多く、治療を始めるまでの時間が長ければ長い程当然死亡率も上がります。しかし治療の開始が早ければ、死亡率をかなりの確率で抑える所まできました。 これからの医療の課題は医療機関以上に、周りにいる人間の知識と素早い対応がいかに救急の患者の命を守れるかと言う時代になってきました。見知らぬ人でも素早い対応で人命救助をした例も有りますので、日本人の思いやりの性格に正確な判断知識があれば更に多くの人の命を守る事も可能です。 医療の進化も素晴らしいですが、限界も有りますのでこれからは病院で治療するのも勿論ですが、救急車が来るまでの知識と対応で人命を救える可能性も見いだされる時代にもなってきていますので、病院が人命を救う時代からその前の段階で人命を救えるかどうかの時代に差し掛かってきているのかもしれません。 准看護師 求人のほとんどは給料や福利厚生などが優れているために、長期的に働き続けたい人にとってももってこいとなっています。

日本の救急医療の問題点

119番した患者さんが、何十ヶ所もの病院に受け入れ拒否されて絶命する事件が後を絶ちません。 都会では街のあちこちに病院があるのに何故、と思うのも無理ありません。 しかし、多くの病院があっても、救急指定になっていなければ搬送はできません。 対応できる設備とスタッフが揃っていなければ、搬送しても何もできないからです。 また、たとえ救命センターでも、多くの患者さんの処置に負われていて、もう手一杯だということもあります。ベテラン医師が不在で対応不可能ということもあります。 無理をして引き受けるよりも、できる所や余裕のある所に回した方が賢明なのです。 言い方は乱暴ですが、「何十ヶ所もたらい回し」ということは、それだけの医療機関があったと言うことです。地方ではたらい回しすら不可能なのです。 地方では、この病院が無理なら次は40km先の病院まで、ということも珍しくありません。 現在、救急医を希望する医師は激減しています。それはあまりにも過酷な激務だからです。 4日間で5時間しか寝ていないと言うこともあります。 過酷だから希望者がいない、希望者がいないから人手不足でますます激務、という悪循環に陥っています。 日本人の体質なのか、「さあ着替えて帰ろう」と思っている時に急患が来たら、そのまま勤務してしまい眠ることなく夜が明けることも多いのです。 アメリカ人ならさっさと帰宅するでしょうし、それを誰も咎めませんが、日本人はそうも行かないのが現状です。 また、クレーマーがそういうところを目にした場合の問題もあるのでしょう。 熱意のある医師が何もかも犠牲にしているような状況を改善しない限り、救急医療の問題点は解決しないでしょう。 看護師 単発バイトの探し方はコチラで紹介されています。